札幌航空協会

札幌航空協会へようこそ!

真っ青な空を「鳥のように、自由に空を飛びましょう!」

札幌航空協会には、14才~シニアまでが「スポーツ航空」を手軽に楽しめるフィールドがあります。 パイロットも飛行機雲を見上げる少年少女も、空に憧れ心を羽ばたかせる仲間です。 是非一度、 「新しのつ滑空場」へ足を運んで下さい。 気軽に見学・体験搭乗していただけます。

札幌航空協会

  • 1967年(昭和42年)北海道航空協会グライダークラブとして発足。
  • 1975年(昭和50年)札幌航空協会と名称変更。
  • 1981~1982年 滝川市グライダー活動の初期活動を支援。
  • 1984年(昭和59年)新篠津村の支援を得て、新しのつ村滑空場に拠点設置。

札幌航空協会会則(抜粋)

  • 第1章 総則

    • 第1条 名称

    • 第2条 事務所

  • 第2章 目的及び事業

    • 第3条 目的

      • 本会は航空機愛好家の集いであり、アマチュアとして札幌・北海道・ひいては日本・世界の航空スポーツの隆盛に資することを目的とする。
    • 第4条 事業

      • 本会は前条の目的達成のため下記の事業を行う。
      • 航空に関する各般の研究・訓練の実施(各種飛行機及びグライダーの操縦訓練、各種の記録会、航空気象、通信航法、管制及び航空機の研究)
      • 航空知識の普及(講演会、座談会、見学会、体験飛行会及び機関誌の発行等)
      • 会員相互の親睦並びに教養の向上。
      • 他の関係団体との連絡提携。
      • その他目的達成に必要と認めること。
  • 第3章 会員

  • 第4章 役員

  • 第5章 会議

  • 第6章 資産及び会計

  • 第7章 雑則

組織・役員

役職 氏名 資格その他
名誉会長 鎌田 庸
  • 日本滑空記章試験員
  • 教育証明
  • 特定操縦技能審査員
会長
主任教官
伊藤 英二
  • 自家用操縦士(滑)
  • 日本滑空記章試験員
  • 教育証明(滑)
  • 特定操縦技能審査員
  • 副会長
小野 正明
  • 自家用操縦士(滑)
顧問 福地 久直
  • 自家用操縦士(滑)
事務局長 平野 博一
  • 自家用操縦士(滑)
安全管理
訓練教官
佐々木 泉
  • 自家用操縦士(滑)
  • 日本滑空記章試験員
  • 教育証明(滑)
機材管理
施設部長
荘司 則雄
  • 自家用操縦士(滑)
事務局 柴田 卓穂
  • 自家用操縦士(滑)
パイロット 滑空機 20名
動力滑空機 8名
飛行機 5名
回転翼 1名
航空機整備士 4名
ウィンチ
オペレーター
6名
会員数 30名